有酸素と無酸素

有酸素運動運動ということでは、有酸素運動と無酸素運動に分けることができます。簡単に分けてみると、ランニングなど時間を掛けておこなっていくような運動は有酸素運動であることが一般的です。無酸素運動は、力を掛ける瞬間に息を止めたりする運動で、筋トレなどが含まれます。この二つの運動をうまく組み合わせることが、健康な体作りには欠かすことができません。

有酸素運動の特徴は、酸素を取り入れていくことで、脂肪の燃焼を加速できるところにあります。といっても、消費カロリーはとても大きいとは言えないレベルです。それも効果が出てくるまでには、最低でも20分は連続しなければいけません。さらに、脂肪の燃焼は、一定のところで止まってしまうことになるのも問題です。そこで、フィットネスクラブで機材を利用し、無酸素運動も取り入れていくことが必要になってきます。筋トレをおこなっていくと、体の筋肉を維持できるようになり、エネルギーを消費するところが重要です。脂肪の燃焼を促進させられる体を作れるため、有酸素運動も効果的になってくるでしょう。健康というレベルで考えても、筋力維持は血行促進にもつながっていくため、大きな役割を持ってくるのは間違いありません。